日本は山だらけ〜 Home [ 日本の山岳データベース | 山行記録 | 装備品 | 本棚 | 旅のメモ | 技術研究本部 ]
日本は山だらけ〜 やまだらけ登山隊 山行記録 #7-1

#7-1 開聞岳・韓国岳[1日目]

山中でのテント泊の練習第二弾。 九州南端にある開聞岳(かいもんだけ)と霧島高原の韓国岳(からくにだけ)を二日に分け、 連続して登りました。 前日に開聞岳の麓にあるキャンプ場に泊まり、翌日開聞岳に登ります。 その後、霧島高原に移動しキャンプ。その翌日に韓国岳に挑戦します。 今回はテントで2泊、連泊します。 天気に恵まれ非常に気持ちいい登山ができました。
【ご注意】このページの情報は山行当日のものです。 可能な限り正確に記すように努力をしていますが 内容の正確性は一切保証はいたしません。 実際に登山を行われる方は危険性を十分理解し、 万全の準備の上、自己責任で行ってください。 著者は一切の責任を負いかねます。

地図・ルート図を開く (別ウィンドウで開きます。文中の地名や写真をクリックすると地図が移動します。往路が赤、復路が青です。)

基本データ

番号第 7 回 / 1 日目 日付2008 年 3 月 26 〜 28 日(キャンプ場にてテント泊) 天候晴れ (3/26)
登頂 開聞岳 (924m) / 1 日目(鹿児島)・ 韓国岳 (1700m) / 2 日目(宮崎県鹿児島県
ルート 駐車場2 合目登山口山頂2 合目登山口駐車場 / 1 日目
総時間 6 時間 37 分 (駐車場〜開聞岳山頂〜駐車場) 歩行距離4.16 km (GPS より)
メンバー 2名(やまだらけ隊長、不知火会 A 氏)
まとめ [1日目]開聞岳は標高も高くなく、また山頂まで分岐点もなく一本道ですので、 日帰りで気楽に挑戦できる、どなたにもおすすめできる山です。 今回、晴天にも恵まれ、特に問題なく山頂までの往復登山を楽しむことができました。
参考資料 山と渓谷社 九州百名山国土地理院 2 万 5 千図山と高原地図 58 霧島・開聞岳 (2007 年度版を利用)

タイムテーブル

※実際の所要時間は人数・気候・体力などにより大幅に 異なる場合があります。参考タイムとしてご利用ください。
場所時刻備考
駐車場発 7:53
2 合目登山口着 8:00
2.5 合目分岐点着 8:17
5 合目着 8:50
7 合目着 9:30
発 13:20
開聞岳山頂着 10:33
発 11:23
場所時刻備考
7 合目着 12:35
5 合目着 13:05
発 13:41
ランチ
2.5 合目分岐点着 14:10
2 合目登山口着 14:20
駐車場着 14:30

計画

前回に引き続き、 車移動&キャンプ場による仮想テント泊山行です。 前回より1泊長くし、前日からキャンプを行います。 って特に深い意味があって前日キャンプをするのではなく、 福岡在住ですので鹿児島県が遠い〜だけです。はい。

実は仕事の関係で九州を離れることになり、 その前に百名山にリストされている山を優先的に登ろうということになりました。 百名山ハンターでは全然ないのですが、九州の有名な山、といえばやはり百名山にリストされている山、 ということに自然となります。 山行のたびに徐々に難易度・標高を上げていますが、そいうわけでまずは近くにあり連続して登れる山、 ということで開聞岳、および韓国岳を登ることにしました。

開聞岳の麓には「かいもん山麓ふれあい公園オートキャンプ場」があり、 そこから登山口がすぐです。前日にここで宿泊し、早朝に出発し開聞岳に登頂することにします。 登頂ルートですが、開聞岳の場合は選択肢はあまりなく、キャンプ場から山頂へのほぼ一本道ルートを往復します。 山と高原地図のコースタイムでは 3 時間半のお気軽コースです。 下山後、韓国岳の近くのキャンプ場に泊まります。 霧島高原はいくつかキャンプ場があるようですが、「霧島高原国民休養地」が温泉もあり、 非常に良さそうですので、ここに泊まることにします。 韓国岳へのルートですが、駐車場のある大浪(おおなみ)登山口から入り、 大浪池を反時計方向に回り韓国岳まで登頂。 帰りは大浪池までは同じ道を戻り、再び反時計方向に回り、行きに通らなかった道を通ります。 ちょうど大浪池をこれでぐるっと一周できます。そして同じ道を登山口まで戻ります。 山と高原地図のコースタイムでは 4.5 時間です。

装備は前回同様、テント泊山行シミュレーションですので、テント・シュラフ・食料など 60L ザックでフル装備で登ります。 前回2日目は時間管理に失敗し、結局軽装で登ることになりましたので、 今回は気をつけたいと思います。っと計画がすべて決まったところで鹿児島に向けて出発です。 ぽっぽ〜。



というわけで、九州自動車道を南にひた走り、かいもん山麓ふれあい公園オートキャンプ場に到着です。 フリーサイトはそこそこ広々としていますが、結構傾斜しています。 いくつか平らに整地された箇所がありますので、みなさんそこにテントを張られています。 我々もあいている平らなところにテントを張りました。5、6張り分くらいしか、 完全に平らなところはなかったような気がします。フリーサイトからは開聞岳が望めます。 すばらしいロケーション。この日は近くの温泉までお風呂をもらいに行き、早々と就寝です。 お休みなさ〜い。

別名薩摩富士。非常に美しい写真が撮れました。

▲ Top

出発〜


(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

朝 6:00 ぐらいには起きたでしょうか。朝食の時の写真は取り忘れました。 だらだらと準備し、出発です。テントをたたんだりとなかなか時間がかかります。 というわけでキャンプ場の駐車場に到着です。すでに 7:53 です。 なんとか 8 時前には出発できました。のんびりしすぎです。

駐車場はキャンプ場に宿泊すれば登山の間は置いておいて良いと、 キャンプ場の管理人の人から言われました。開聞岳ですと、日帰り登山も可能ですので、 その場合は駐車料金が必要だったと思います。駐車場の前の管理棟で聞いてください。 写真は途中のグラウンドから。あのてっぺんまで登ります。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

キャンプ場の脇のアスファルトの坂を登っていきます。

2合目登山口に到着です。8 時丁度くらいです。 ここから登山道になります。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

道はこんな感じで序盤はかなり狭く、木々が生い茂っています。

看板には 2.5 合目、とありますが、山と高原地図では 3 合目と書いてある分岐点です。8:17 に到着。ほぼコースタイム通りです。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

ここが本当の? 3 合目のようです。

4 合目の道標です。8:34 に到着。1 合ごとに道標があるようですね。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

4 合目の道標近くにはベンチがありました。 ほかにも所々ベンチが設置されています。

8:50。5 合目に到着です。重い荷物を背負っている割には順調です。 コースタイム通りです。だいぶ体力がついてきたのかも?



(クリックで地図移動)

一瞬、視界が開けました。 おそらく北東の方角で、左のとんがっている部分は鷲尾岳でしょうか。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

道はこんな感じで細い道が続きます。ところどころ段差が高く険しい箇所もあります。

9:10、6 合目です。んーなんか地図と道がかなり違うようです。新しい道なのでしょうか? 地図の 7 合目は標高 500m の地点ですが、すでに 600m 付近にいます。

▲ Top

7 合目〜


(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

7 合目の標識に到着です。9:30 です。やはり地図とかなり違うようです。 すでに最南端ポイントの近くに来ています。地図とルートが違いますので、 コースタイムとの比較はできません。

また視界が開けました。写っているのは長崎鼻ですね。 地図を広げると海岸線の形から分かります。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

「救助第三ポイント」だそうです。丁度最南端ポイントのようです。

9:47、8 合目に到着です。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

だんだん岩場が増えてきます。かなり急登です。

9 合目です。10:08 に到着です。あとちょっとです。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

救助第二ポイントがありました。そうすると第一ポイントはやはり山頂でしょうか…。

ぐるっと回り込んで今度は北方向です。鹿児島西側の海岸線がきれいに見えます。すばらしい。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

はしごがかかっていました。なかなかに急登です。

だいぶ開けてきました。頂上まであともう少し!

▲ Top

山頂〜


(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

10:33 ついに山頂に到着です。早速記念撮影。パシャっ。

すばらしい眺めです。一番高い岩に登り、そこから撮影しました。


池田湖もばっちり見渡せます。




(クリックで地図移動)

山頂恒例のコーヒータイムです。ドリップで淹れます。 山頂で飲むコーヒーは格別です。11:23 にようやく山頂を出発しました。 コーヒー飲んでただけですが、なんだかんだ 1 時間近くいたことになります。

行きは気が付きませんでしたが、キャンプ場が見えました。 ちょうど真ん中らへんに写っているところがフリーサイトです。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

どんどん下山します。

ひたすら下山です。今回は往復登山ですので、復路は少々退屈です。

▲ Top

ランチ!ランチ!


(クリックで地図移動)

5 合目まで戻ってきました。やや遅くなりましたがここでお昼を取ることにします。 13:05 です。 よく見ると「第四救助ポイント」と書いてありました。しかしここは他の救助ポイントと違い、 上空が開けてませんが、救助に使えるのでしょうか。

それはさておき、今日のお昼は朝に炊いたご飯の残りと素麺、 そして雑炊の素を入れる素麺雑炊です。ってこればっかりですね。 スープも飲み干せて、余ったご飯も使えるのでおすすめメニューです。 コッヘルもあまり汚れませんので後片付けも楽ちんです。



(クリックで地図移動)

完成です。わかめとお麩も入っています。

13:41 に出発です。ひたすら下ります。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

14:20。登山口まで無事に戻ってきました。

駐車場に到着です。14:30 です。お疲れさま〜。これから霧島高原に移動です。



(クリックで地図移動)

キャンプ場に到着です。 このキャンプ場は温泉付きですので、登山でかいた汗を流せます。 キャンプ場での写真はあまり残っていませんでした。ごめんなさい。 夕食後、明日の備えさっさと寝ます。おやすみなさ〜い。 続きは「2日目」をどうぞ。

▲ Top

まとめ&反省点

開聞岳は山頂付近が多少鎖やはしごなどがあり急登になりますが、 それ以外は全く難易度が高くありませんでした。 万人におすすめできる名山の一つだと思います。 今回も順調で特にトラブルらしいトラブルはありませんでした。 前日から開始したキャンプ生活も問題なくだいぶ慣れてきました。 ただもう少し朝は早く起きなければいけません。 テント泊山行の場合は遅くとも 5 時には起きて始動しないといけません。 その辺は次回以降の課題と言うことで。。 ところでここんとこガス缶の使用量を全然計測してません。 データが全然蓄積されませんね。この辺も改善点ということで次回に続きます。

2009/09/23 執筆・公開 by やまだらけ




Top | 日本は山だらけ〜 Home [ 日本の山岳データベース | 山行記録 | 装備品 | 本棚 | 旅のメモ | 技術研究本部 ]
Copyright © 2009   やまだらけ    All Rights Reserved.    Since 2007/7/26.    このウェブサイトについて
当サイトで使用している画像やテキスト等の権利は一部を除き全て やまだらけ に帰属します。無断転載は一切禁止します。
inserted by FC2 system