日本は山だらけ〜 Home [ 日本の山岳データベース | やまだらけ登山隊 山行記録 | 山の装備品 | 番外編:旅のメモ ]

#6-2 英彦山・犬ヶ岳[2日目]

山中でのテント泊の練習を兼ねて英彦山(ひこさん)と犬ヶ岳(いぬがたけ)を二日に分け、 連続して登りました。 英彦山に登った後、キャンプ場に移動しテント泊。翌日、犬ヶ岳に登頂します。 英彦山は残雪が残り前回に引き続きアイゼンが必要でしたが、 犬ヶ岳はほとんど雪もなく快適な登山が楽しめました。 テント泊の練習も無事うまく行き、満足できた二日間でした。
【ご注意】このページの情報は山行当日のものです。 可能な限り正確に記すように努力をしていますが 内容の正確性は一切保証はいたしません。 実際に登山を行われる方は危険性を十分理解し、 万全の準備の上、自己責任で行ってください。 著者は一切の責任を負いかねます。

地図・ルート図を開く (別ウィンドウで開きます。文中の地名や写真をクリックすると地図が移動します。)

基本データ

番号第 6 回 / 2 日目 日付2008 年 3 月 15 〜 16 日(岩屋キャンプ場にてテント泊) 天候晴れ (3/16)
登頂 英彦山 (1200m) / 1 日目犬ヶ岳 (1131m) / 2 日目 (福岡県
ルート 犬ヶ岳公共駐車場笈吊峠分岐三の岳山頂犬ヶ岳山頂二の岳山頂大竿峠分岐犬ヶ岳公共駐車場 / 2 日目
総時間 6 時間 14 分 (犬ヶ岳駐車場〜犬ヶ岳〜犬ヶ岳駐車場) 歩行距離6.82km (GPS より)
メンバー 2名(やまだらけ隊長、不知火会 A 氏)
まとめ [2日目]下山ルートは何カ所か危険なところがありましたが、 それ以外は難しい所もなく、全体的に距離も長くありません。 どなたでも登ることができると思います。 今回時間がなく一の岳に登れませんでしたが、 ちゃんと余裕があれば一の岳から三の岳まですべて登ると良いでしょう。
参考資料  山と渓谷社 九州百名山国土地理院 2 万 5 千図昭文社 山と高原地図 55 福岡の山々

タイムテーブル

※実際の所要時間は人数・気候・体力などにより大幅に 異なる場合があります。参考タイムとしてご利用ください。
場所時刻備考
犬ヶ岳公共駐車場発 11:00
笈吊峠分岐着 12:43
三の岳山頂着 13:25
犬ヶ岳山頂着 14:02
発 14:37
ランチ
場所時刻備考
二の岳山頂着 14:53
大竿峠分岐着 15:06
犬ヶ岳公共駐車場着 17:14

計画(&朝)

1日目の様子はこちら

無事2日目の朝をキャンプ場で迎えました。 岩屋キャンプ場です。 前日の英彦山に続き、 本日は犬ヶ岳を登ります。犬ヶ岳は麓に駐車場があり、そこからぐるっと一周することができます。 山と渓谷社の九州百名山にも紹介されているルートで行くことにします。 1131 m の犬ヶ岳の他、一の岳、二の岳、三の岳の全部で4つのピークがあります。

朝 6 時に起床、7 時に出発するはずが、だらだらと朝食の準備をしているうちにすでに 6:40 になってしまいました。

時間がないのに米をコッヘルで炊き、缶詰とみそ汁で頂きます。 朝は相当寒かったです。みそ汁はレトルトですがおいしかった〜。

がんばってテントを撤収し、犬ヶ岳の登山口に向けて出発です。

犬ヶ岳と英彦山。縦走路で繋がっているので麓を廻っても近いだろうと思ってましたが、 大失敗。ろくに道路を調べずに来てしまいました。ぐるーーっと遠回りする必要があります。 ガーーン。大失敗です。

▲ Top

登山口〜


(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

11:00 すぎにようやく駐車場に到着です。 こんな時間から登り始めて良いのかー!?と思いつつ、急いで準備し登山開始です。

駐車場はこんな感じです。20 〜 30 台は止まれるでしょうか。 テント泊山行の練習ですので、本当は全部の荷物を持って歩く予定でしたが、 時間がないので軽量バージョンで突撃することにしました。 テント一式とシュラフをザックから取り出し、 昨日の疲れもほとんどなく軽量化で気合い十分です。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

駐車場にはきれいなトイレがあります。 まだできたばっかり、という雰囲気でした。

登山口にあった登山道地図です。 時計回りでこのルートを一周します。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

このような林道風の道を 10 分ほど登って行きます。

11:21 分岐に出ます。かなり目立つ案内が出てきます。 けっこうここで間違う人が多いのでしょう。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

11:30 橋を渡ります。

ここから本格的な登山道が始まります。 赤テープを頼りに迷わないように登って行きます。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

40 分ほどで林道に出ます。

こんな感じの道をしばらく進みます。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

途中、完全に舗装路になってしまいます。 登山靴だと歩きづらい!

12:22 再び登山道が始まります。


▲ Top

登山道再び〜


(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

登山道の様子です。

その2。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

12:43 稜線に出ました(笈吊峠)。左に行くと経読岳(きょうよみだけ)、 右に行くと犬ヶ岳です。

ここで小休憩にします。10 分ほど休憩しました。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

笈吊岩は犬ヶ岳の難所というか名所なのですが、 残念ながら時間がなさそうなので、今回は迂回路を抜けることにします。 実は最初一度は笈吊岩に向かおうとしたのですが、 確か道が崩壊しているとかで通行禁止になっていました。

迂回路は途中、道が分かりづらい箇所があったと思います。 が、赤テープを頼りにして行けば迷うことはないと思います。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

13:25 三の岳に到着。記念撮影です。パシャ。

一部、雪がまだ残っていました。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

見晴らしの良い所で一枚。

地図が置いてありました。後少しで山頂のはずです。

▲ Top

山頂〜


(クリックで地図移動)

14:02 ようやく山頂に到着です。やった〜。すかさず記念撮影。パシャ。

山頂は割と広く、展望台を兼ねた避難小屋とベンチがあります。


ちょっと遅くなってしまいましたが、ここでお昼にします。 今日のメニューはそうめん雑炊。 朝キャンプ場で炊いたご飯の残りと素麺、 それをインスタントの雑炊の素で少し煮ます。 単純ですが、おいしい〜。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

14:37 出発です。

14:53 標識等はありませんでしたが、 二の岳と思われると山頂に到着です。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

15:06 分岐点、大竿峠に到着です。 本当は直進して一の岳によってから帰る予定ですが、 すでに 15 時をまわっていますので、 しかたなくここで分岐し下山します。

分岐した直後の道は雪がいっぱい残っていました。 しかしアイゼンをつけるほど深くはありません。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

20 分ほどで林道に出ます。

すぐに登山道に戻ります。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

途中の難所です。鎖がかかっています。 滑り易いので慎重に渡ります。

30 分くらい下ると再び難所です。 道がなく、石の上をバランスを崩さないように慎重に進みます。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

橋が架かっている所もありました。

林の中を抜けて行きます。 きれいに立ち並んでいるので人工林でしょうね。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

17:02 道が広くなり林道のようになりました。 そろそろでしょうか?

急に家が目に入りました。



(クリックで地図移動)

(クリックで地図移動)

最初の分岐まで戻ってきました。左が行き、 右のアスファルトの道が今戻って来た道です。

17:14 駐車場に無事戻ってきました。到着〜。



(クリックで地図移動)

駐車場から少し走った所にある 求菩提温泉「卜仙の郷(ぼくせんのさと)」 によって2日分の汗を流します。 やはり登山のあとは温泉に限ります。

さっぱりして帰路につきます。お疲れさま〜。

▲ Top

まとめ&反省点

はい、道をちゃんと調べましょう。それと朝6時起床、というのが遅すぎたようです。 しかし、軽量化の判断はよかったようで、なんとか5時には戻って来れました。 しかしこれもぎりぎりですね。来たときわりといっぱいだった駐車場は自分たち以外は 1台しか残っていませんでした。反省。

それ以外の点は特に問題がなく、割と楽しい山行でした。 2日連続でしたが、体力的にも問題はまったくありませんでした。 まぁこれは軽量化のおかげかもしれませんが。 テント泊山行に向けて色々と課題が分かりましたので 非常に有意義な山行になりました。さて次はどこに行こう。

2009/4/25 執筆・公開 by yamadarake




Top | 日本は山だらけ〜 Home [ 日本の山岳データベース | やまだらけ登山隊 山行記録 | 山の装備品 | 番外編:旅のメモ ]
Copyright © 2008   yamadarake    All Rights Reserved.    Since 2007/7/26.    このウェブサイトについて
当サイトで使用している画像やテキスト等の権利は一部を除き全て yamadarake に帰属します.無断転載は一切禁止します.

inserted by FC2 system