日本は山だらけ〜 Home [ 日本の山岳データベース | 山行記録 | 装備品 | 本棚 | 旅のメモ | 技術研究本部 ]

やまだらけ登山隊 山行記録

【ご注意】
このページの情報はそれぞれの山行当日のものです。 可能な限り正確に記すように努力をしていますが 内容の正確性は一切保証はいたしません。 実際に登山を行われる方は危険性を十分理解し、 万全の準備の上、自己責任で行ってください。 著者は一切の責任を負いかねます。

やまだらけ登山隊の山行記録を写真を豊富に使用し公開しています。 ハンディ GPS のトラックログを Google Maps を利用して表示し、 写真の撮影場所や文章中の地名の位置と連携させています。 登山計画を立てる際の参考資料としても役に立つと思います。 かなり詳細な情報を掲載している箇所がありますので、 実際の登山の楽しみを損なうおそれがあります(いわゆるネタバレ)。 どうぞお気をつけ下さい。 より詳しくは「このウェブサイトについて」内の 説明をご覧下さい。

2008 年 (平成 20 年)

番号写真 日付山名ルート 概要
7 2008/03/28 韓国岳 大波登山口駐車場 〜 大浪池休憩所 〜 韓国岳山頂 〜 大浪池休憩所 〜 大波登山口駐車場 山中でのテント泊の練習第二弾。 九州南端にある開聞岳と霧島高原の韓国岳を二日に分け、 連続して登りました。 前日に開聞岳の麓にあるキャンプ場に泊まり、翌日開聞岳に登ります。 その後、霧島高原に移動しキャンプ。その翌日に韓国岳に挑戦します。 今回はテントで2泊、連泊します。 天気に恵まれ非常に気持ちいい登山ができました。
2008/03/27 開聞岳 駐車場 〜 開聞岳山頂 〜 駐車場
6 2008/03/16 犬ヶ岳 犬ヶ岳駐車場 〜 笈吊峠分岐 〜 三の岳 〜 犬ヶ岳 〜 二の岳 〜 大竿峠分岐 〜 犬ヶ岳駐車場 山中でのテント泊の練習を兼ねて英彦山と犬ヶ岳を二日に分け、 連続して登りました。 英彦山に登った後、キャンプ場に移動しテント泊。翌日、犬ヶ岳に登頂します。 英彦山は残雪が残り前回に引き続きアイゼンが必要でしたが、 犬ヶ岳はほとんど雪もなく快適な登山が楽しめました。 テント泊の練習も無事うまく行き、満足できた二日間でした。
2008/03/15 英彦山 別所駐車場 〜 高住神社 〜 英彦山北岳 〜 中岳 〜 南岳 〜 英彦山神宮下宮 〜 別所駐車場
5 2008/03/09 馬見山屏山 馬見山キャンプ場 〜 馬見山 〜 宇土浦越 〜 屏山 〜 宇土浦越 〜 馬見山キャンプ場 馬見山の麓から古処山を目指しましたが、 雪に行く手を阻まれ、時間を予想以上に費やしてしまい、 途中の屏山までで戻ってきました。 その代わり残雪歩きを堪能することができました。
4 2008/03/01 宝満山仏頂山 竃門神社駐車場 〜 中宮跡 〜 宝満山 〜 仏頂山 〜 難所ヶ滝 〜 仏頂山 〜 キャンプ場 〜 宝満山 〜 中宮跡 〜竃門神社駐車場 先週大雪のため敗退した宝満山に再挑戦しました。 先週あった雪はどこへやら。すっかり消えていました。 今回はトレーニングを兼ねて、 大型のザックにテント泊を想定した荷物を詰め込んで行きましたが、 予定の時間を大幅にオーバーしてしまい遭難予備軍決定です。
3 2008/02/24 宝満山 竃門神社駐車場 〜 一の鳥居 〜 敗退 〜 一の鳥居 〜 竃門神社駐車場 時間があったので宝満山に行ってきました。 アイゼンを持っていなかったので行けるところまで 行くつもりでしたが、予想以上の大雪であえなく敗退。 途中から完全に冬山でした。
2 2008/02/11 立花山三日月山 筑前新宮駅 〜 立花山 〜 松尾山 〜 白岳 〜 三日月山 〜 九産大前駅 お天気に恵まれた3連休の最終日。九州百名山のひとつ、 クスの原始林で有名な福岡県の立花山に登ってきました。 冬はやはり、お気楽低山ハイキングです。

2007 年 (平成 19 年)

番号写真 日付山名ルート 概要
1 2007/10/14 景信山・高尾山 高尾駅北口 〜 小仏バス停 〜 景信山 〜 城山 〜 高尾山 〜 高尾駅 紅葉にはまだ早い 10 月。記念すべき第一回目として東京都にある 高尾山に登ってきました。まずは足慣らしです。



Top | 日本は山だらけ〜 Home [ 日本の山岳データベース | 山行記録 | 装備品 | 本棚 | 旅のメモ | 技術研究本部 ]
Copyright © 2007 - 2009   yamadarake    All Rights Reserved.    Since 2007/7/26.    このウェブサイトについて
当サイトで使用している画像やテキスト等の権利は一部を除き全て yamadarake に帰属します。無断転載は一切禁止します。
inserted by FC2 system